そろそろ本格的な離乳食を

赤ちゃんが1歳の誕生日を迎えようとするこのころを目安に

これまで半年近く練習してきた母乳やミルク以外の味慣らしも卒業させて
いよいよ本格的に離乳食をメインとした食事を赤ちゃんに与えていく必要があります。

赤ちゃんも生後5ヶ月くらいから少しずつ離乳食を食べる練習をしていたので
やわらかい物であれば固形でも十分食べられるようになっているはずです。

赤ちゃんに離乳食を与えるようになるとその影響から

うんちの形状も臭いも大人の便に近づいていき
その回数も昔と比べるとずいぶんと少なくなっていきます。

赤ちゃんに離乳食を1日3回与えるようにすると徐々に授乳の回数も減っていき
食後に母乳やミルクを飲まなくなってくると卒乳の時期が近いのかもしれません。

またもうすでに門歯(前歯)が4本とも生え揃っている赤ちゃん

母乳を与えているとその歯で噛まれてしまうお母さんにしてみれば
そろそろ赤ちゃんへの母乳を卒業させてもよいのでは…と思ってしまいます。

ただ赤ちゃんの離乳が完了するのは平均でだいたい1歳6ヶ月ころですので
無理に授乳をやめて離乳食だけの食事にする必要はありません。

まれに卒乳して離乳食だけの食事になる赤ちゃんもいますが

栄養のうえでは赤ちゃんにとってまだまだ母乳やミルクでも十分いけますので
離乳食を与えても母乳をほしがるようであればたっぷりと飲ませてあげてくださいね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43542860
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
☆子育て主婦の在宅収入情報☆
赤ちゃん妊娠線予防クリーム COACHコーチ激安通販! 赤ちゃんセーフティグッズ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。