予防接種の大切さ/三種混合・ポリオ

5ヶ月〜6ヶ月を迎え抗体が底をつき始めた赤ちゃん
感染症にかからないよう抵抗力を増すために行われるのが予防接種です。

ではこの時期の赤ちゃんにとって必要なワクチンは…?

それは三種混合ワクチンです。

これは百日ぜき、ジフテリア、破傷風のワクチンで
これらの感染症はウイルスではなく細菌によって起こります。

しかも細菌による感染症は赤ちゃんに限らず終生免疫がつきにくく
母親からもらえる抗体も少ないため容易にかかってしまいがちなのです。

細菌による感染症には抗生物質である程度赤ちゃんにも対応はできますが

6ヶ月以下の赤ちゃんが特に百日ぜきにかかってしまうと
重い肺炎を引き起こしていまい

現代の医学をもってしても赤ちゃんが命取りになったり
後遺障害が残ってしまう心配があります。

またポリオワクチンの接種も忘れてはいけません。

現在では世界の一部でしかポリオウイルスは生き残っていませんし
日本国内でこの病気にかかる心配もほとんどありません。

しかし国際化の現在において国内で多くの外国の方と接する機会や
赤ちゃんを海外旅行に連れて行く家族も増えています。

万が一赤ちゃんがポリオウイルスにかかってしまうと
手足に麻痺が残ってしまう重い後遺症が大変心配されます。

地域ごとの接種が原則なため接種するのに不便を感じることもありますが
通知がきたら必ず保健所・保健センターで接種を受けるようにしましょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
☆子育て主婦の在宅収入情報☆
赤ちゃん妊娠線予防クリーム COACHコーチ激安通販! 赤ちゃんセーフティグッズ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。