乳首を吸う難しさ

生まれたばかりの赤ちゃんにとって一番難しいこと!

それは母乳(ミルク)を飲むことです。

お母さんや哺乳びんの乳首から母乳やミルクを飲むとき

赤ちゃんは息をしながら乳首に吸い付き
肺に入れないように飲まなければなりません。

大人にとってはとても簡単に感じられがちなのですが
赤ちゃんにとってはとても難しいことなのです。

でも大丈夫!

生まれたばかりの赤ちゃんには自然の力が備わっており

ルーティング反射といわれる反射行動によって頬に何かを感じると
顔をそちらに向け唇のそばにもっていこうとする習性があります。

その行動によって赤ちゃんの唇に乳首があたると
吸啜反射が起こりそれを口にふくみ吸い始めるわけです。

こうして赤ちゃんは自然に備わっている力を発揮し
発育に必要な母乳(ミルク)を飲むことができるのです。
☆子育て主婦の在宅収入情報☆
赤ちゃん妊娠線予防クリーム COACHコーチ激安通販! 赤ちゃんセーフティグッズ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。